大城一晃先生追悼「沖縄空手通信34号」

大城一晃先生追悼

究道館連合会範士10段大城一晃先生逝去に伴い究道館若狭道場館長の糸数昌宏先生による追悼文が記載されてます。

ブログ管理人である私、振り返ると幼少の頃から道場でともに稽古させていただいた時間がもっとも長かったのは大城先生だった。
そして父が数名の高弟だけを指導する日曜早朝の稽古にも休むことなく参加されていて日曜日の午前中に先生のお顔を拝見するのは当たり前のことでした。

指導のときも日頃の穏やかな佇まいそのままに決して声を荒げる事はありませんでした。
その瞳は真剣そのものでしたが。

これから先生とお話することも先生の得意型「公相君大」を見ることもかなわないことは残念の極みです。

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA