TOP

バナー

1954年創設の町道場「究道館」

「究道無限」は創設者比嘉佑直先生が座右の銘としていた言葉です。

 

 

道 場 訓


 

二代目館長 比嘉 稔(HIGA MINORU)
沖縄小林流空手道究道館連合会会長 範士10段
(昭和16年)ー


昭和16年(1941) 9月18日 那覇市にて出生
昭和20年(1945) 当時与那原在だった叔父 先代館長比嘉佑直宅にて同居
昭和28年(1953) 日本大学卒業まで柔道に勤しむ(講道館4段)
那覇高校在籍時柔道部主将、全島高校相撲大会2位

昭和35年(1960) 究道館入門
昭和39年(1964) 日本大学卒業。空手とウェイトリフティングに専念
昭和43年(1968) 全日本社会人ボクシング選手権大会ヘビー級認定チャンピオン
昭和44年(1969)  10月第一回全日本空手道選手権大会にて比嘉佑直(パッサイ大)上江洲安健、翁長良光らと招待演武
昭和46年(1971) 那覇ボディビルセンター(現那覇ジム)開設
昭和52年(1977) 約1ヶ月間、比嘉佑直とアルゼンチン滞在、空手指導に当たる。
究道館全南米大会で模範演武 [比嘉佑直(パッサイ大)比嘉稔(チントー)] 昭和58年(1983) 日本パワーリフティング協会1級審判員、日本ボディビル連盟1級審査員

平成  6年(1994) 究道館連合会会長
平成21年(2009) 那覇市政功労者表彰
平成22年(2010) 沖縄県空手道連合会より範士10段允許
平成23年(2011) 沖縄空手・古武道連盟会長(2020年現在名誉会長)
平成23年(2011) 「世界のウチナーンチュ大会」首里城正殿前演武
平成24年(2012) アルゼンチンにてセミナー開催
平成25年(2013) 沖縄県観光功労者表彰
平成25年(2013) 5回沖縄空手道・古武道功労賞(琉球新報社)
平成25年(2013) 大綱挽保存会会長(2020年現在名誉会長)
平成25年(2013) 「空手の日」首里城演武
平成28年(2016) 沖縄県文化功労賞受賞
平成29年(2017) 中国でセミナー開催
平成30年(2018) 第1回沖縄空手国際大会1ヶ月イベント、識名園にて演武
令和元年(2019) ユネスコ無形文化遺産登録へむけたシンポジウムにパネリストとして登壇


泉崎道場館長 比嘉 康雄(HIGA KOYU)

錬士6段

koyu.jpg

昭和48年(1973) 11月11日 現館長比嘉稔の次男として那覇市にて出生
平成26年(2014) フランスでセミナー開催
平成27年(2015) アルゼンチンでセミナー開催
平成30年(2018) インドでセミナー開催
平成31年(2019) 沖縄空手大演武会2019(東京丸の内KITTEアトリウム)にて演武
令和 2 年(2020) インドでセミナー開催
令和 2 年(2020) 沖縄空手演武大会2020(沖縄空手会館)にて演武